医療脱毛でVIOラインを処理するメリット

医療脱毛でVIOラインの脱毛をする事によるメリットはたくさんあります。

どんなメリットがあるのかを紹介します。

・自己処理しなくて済む

医療脱毛でVIOラインの脱毛をしておくと、完了までは何度か通院が必要ですが、一度完了するとその後は自己処理をしなくて済みます。

これは医療脱毛で使う医療用レーザーが毛根を破壊するからです。

破壊された毛根組織は再生できないため、毛が生えてきません。

エステサロンのフラッシュ脱毛は、毛根を萎縮させるだけだから、時間が経過すると毛根が再生され再び毛が生えてきます。

生えるサイクルを伸ばすことはできても、永久的ではありません。

医療脱毛は毛が生えてこないので、自己処理をせずに済むからとても便利です。

・不快感がなく清潔に保てる

どの部位でも毛は生えてきませんが、特にVIOラインは毛が無い事で、衛生的に保てるのがメリットです。

◆男性はしっかり見ています⇒URL:http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/0930/030400024/

デリケートゾーンは雑菌が繁殖しやすいのですが、毛がないと雑菌が繁殖しにくくなります。

特に生理時はむれや不快感がかなり軽減されます。

気になるニオイも雑菌の繁殖が抑えられるので、気にしなくても済むようになります。

女性にとっては長い事付き合うものですから、毎回の不快感を軽減できるのはメリットでしょう。

・まとめ

VIOラインをすべて処理してしまう事を、ハイジニーナ脱毛といいます。

これはハイジーンの衛生的というところからこう呼ばれるようになったのです。

海外ではポピュラーな脱毛法です。